METRICのスタッフをご紹介します。

メトリックの業務は幅広く、多くのお客様へ日々多くの提案を行っています。私たちの仕事には柔軟な発想での解決力が必要とされます。 積極的にアイディアを提案し、実践していく。少数精鋭の会社であり、アットホームな環境で仕事をすることができます。 やはり最適な手法をお客様へ提案するには、経験と知識がなくてはなりません。ですから社員は、実践の中で自然と学び、スキルアップしプロフェッショナルに成長するのです。あなたが理想とする未来への道がこの会社にあります。

自身が作ったシステムが日々使われているんだと実感します。

YUUKI YTAKENAKA 2016年入社

東京システム部第1課竹中 佑樹

メトリックへの入社動機についてお聞かせください

学生時代は、理工学部 建築学科で学んでいました。2016年入社です。
メトリックを選んだ動機は、社員の人柄がとてもよく、切磋琢磨しながら業務をしている雰囲気に惹かれました。また、社員全体の技術力が非常に高く、自身の成長や社会への貢献ができる会社と感じた為です。

仕事について教えてください。

私は、東京システム部第1課に所属し主に、インフラと呼ばれる、システム基盤の設計及び構築を行っています。サーバやネットワーク機器を提案し、機器の選定からシステムの設定まで実施する仕事です。お客様の要望にあわせて要件を定義したシステムの提案し、決定した内容のもとシステムを作っていくのですが、機械が相手ということもあり、業務に行き詰り苦労することも多くあります。しかし、最終的にシステムが完成したときには、大きな達成感を得られました。表立って目立つことはありませんが、自身が作ったシステムが使われていることを、日々実感できることも楽しみの一つです。

東京、札幌とも、同じ目的を目指してチームワーク抜群でした。

一番思い出に残っているエピソードはありますか?

仕事は日々勉強で、入社してから「IBM WebSphere MQ Technical Sales Professional」というIBMが提供しているミドルウェアと呼ばれる分類WebSpehereMQに対する、営業・技術知識があることを証明する資格を取得しました。私は東京支社のメンバーなのですが、以前、業務習得研修の為に札幌本社へ行った時のことです。普段は距離が離れている為、なかなか触れ合うことができない札幌のメンバーとコミュニケーションをとった際、東京と札幌の社員同士、目標への意識の差がないことに驚きました。ロケーションこそ違いますが、チームワーク抜群、仲間意識をしっかり持っていることが、とても印象的で、私もその一員なんだと強く実感しました。

就職活動を行っている学生さんへのメッセージを!

休日には、地域のクラブチームに所属し、バレーボールをしています。この学生時代の部活で培った「チャレンジ精神」は社会に出てからも役に立っています。相手の意思を汲み取り、指摘ではなくアドバイスとして受け取り前向きに捉える。それを元に、常に自身を見つめ直して行動しチャレンジしています。就職活動は、自分自身が何を一番大事にしたいかを明確にしておくと良いと思います。面接官との質疑応答を通して、大事にしたいことを入社後に叶えることができるのか。仕事をする上で、真摯に向き合うことができる環境、人間関係がある会社なのか。会社側の環境だけではなく、その会社に入社することで、自分自身がどのように活躍できるのかというところまで、想像できるとさらに良いと思います。

求人採用のエントリーはこちら

求人採用 / エントリー
Copyright 2017 METRIC リクルートサイト